消費者金融 ネット審査

各消費者金融の簡易診断ってどこまで本当??

各社、申込み前に簡易審査をできるようになっています。

調査

 

年齢、年収、現在の借入額を入力するだけで診断できるツールです。

  • アイフルは1秒診断
  • プロミスは3秒診断
  • モビットは10秒診断

と紹介していますが、実際管理人が試してみたところ…

 

アイフル、プロミスはまじで1秒診断!
モビットは入力項目がガチすぎて超めんどくさいし全然10秒以上!!って感じでした。

 

管理人的に、この時点でモビットは脱落です。

 

ここからはアイフルとプロミスを中心に紹介していきたいと思います!

 

アイフルの1秒審査画面とその結果

 

入力項目

アイフル1秒診断

入力項目は3点で年齢も20歳以上、30歳以上とざっくり簡単♪

↓↓↓

診断結果

アイフル1秒診断結果

本当に1秒で診断結果がでる!!

 

アイフルの公式サイトへいく

 

プロミスの3秒審査画面とその結果

 

入力項目

プロミス3秒診断

生年月日は正確に!雇用形態は聞かれません!

↓↓↓

診断結果

プロミス3秒診断結果

3秒かからず結果が出た!

 

プロミスの公式サイトへいく

 

アイフルもプロミスも診断結果が融資可能な管理人が申し込んだ結果…

 

簡易診断では借入可能とでた管理人が実際に審査申込みをしたところ、
なんの問題もなくどちらからも借入が出来ました!

 

簡易審査結果は結構リアルに答えが出ます。

 

試しで、年収や雇用形態をいじってみて何度か審査してみたところ
ダメなときはちゃんと『規定によりお借入ができません。』とメッセージが出るので、
自分が借り入れできる状態なのかどうかを知るのに有効だと思います!

 

無駄に申込みまくって申込みブラックになる前に、
この診断ツールを使って借入ができる可能性を調べてからの申込みがおすすめです。

 

アイフルの借入詳細情報★

 

アイフル

実質年率 4.5%〜18.0%
最大限度額 500万円
診断ツール 1秒診断

アイフルの公式サイトへいく

 

プロミスの借入詳細情報★

 

プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
最大限度額 500万円
診断ツール 3秒診断

プロミスの公式サイトへいく

 

診断結果と違う審査結果になることも考えられる。

 

簡易診断はあくまで簡易診断なので、実際に審査を受けてみると
診断結果と違い、審査落ちしてしまう可能性ももちろんあります。

 

逆に、簡易審査で借入が出来ないと診断されているのに
実は借入が出来ました!というパターンはほぼないといっていいでしょう。

 

審査落ちが分かっていれば、ムダに申し込むこともないので
手間もかかりませんし、落胆することなく済むのではないでしょうか。

 

簡易審査はもちろん無料ですし、
個人情報を取られることもないので安心してください♪

 

夢の新築マイホームを手に入れた両親から学んだこと

 

私の両親の話なのですが去年、
元々中古で手にいれたマイホームを取り壊し、新築に立て替えました。

 

子どもも完全に巣立ち、中古で買った家も床が落ちかけていたり、
地盤沈下で玄関付近の地面がべこべこになっていたのが嫌だったみたいです。

 

何よりも私の母が人生で一度も新築の家に住んだことがなかった為、
死ぬ前に一度でいいから新築に住みたいと夢見ていたのが一番の理由でした。

 

金額は建設費用と土地の整備で2300万ほどしたそうです。
父が元々建設の仕事をしており、図面を書いたり仕事のツテで
材料費や建設費を少し浮かせたようですが、妥協をまったくしたくなかったらしく
平屋建て(ロフト付き)にしては費用がかかったみたいです。

 

貯金はしていたようですが子育てにお金を使ってきた上に、
父の仕事が厳しかった時代が長かった為に大した額を頭金にできず、
ほとんど銀行のローンでまかったそうです。

 

子育てが終わり孫もいる両親がよく銀行の審査に通ったなと思ったのですが、
家の建設開始当初、父はギリギリ40代だったこともあり通ったみたいです。

 

私個人としてはいまだに完済できるのか不安なのですが
母の長年の夢に反対する訳にもいかず特に何も言えませんでした。

 

しかし今の所、新築に住めた父と母はイキイキとしており
共働きで頑張っているので買ってよかったのではないかなと思います。

 

ある意味、生き甲斐と夢に費やした返済を目標に張り合いのある生活をしているようにも見えます。
仕事で建設の仕事をしてきた父が言うには、人生で家を建てる機会は多くて二回だけれど
本当に納得のいく家を完成できるのは三回目からだそうで、
それだけ納得のいく家を手に入れることは難しく不可能に近いらしいです。

 

しかしせっかく大金を出すのだから、いかに譲れない所と妥協できる所を選別し
自分の懐具合を見定めて建てることが大事だと言っていました。
変にケチると実際建てた後ケチった箇所に目がいき後悔してしまうこともあり、
せっかくの新築マイホームが霞んで見えてしまうそうです。

 

そうならない為にもしっかり住宅展示場巡りをし、
それは何回も何ヵ所も回って自分の目を肥やしておく事が
理想に近いマイホームを建てるコツだと話してくれました。

 

たいていの人はこの工程が不十分で、自分の目が肥える前に
住宅展示場の綺麗な新築にテンションが上がり、
その状態で営業トークに乗せられてその気になってしまいます。
そのまま自分の生活スタイルや人生設計を顧みる前に
営業の人や住宅展示場が見せる世界を理想としてしまい失敗するのだそうです。

 

大金を使うときは労力を惜しまない事が大切なのだと、私は両親のマイホーム購入から学びました。